駐車場経営をはじめよう|舗装工事業者の選び方を徹底解説

アスファルト舗装の施工

アスファルト

工事の流れ

舗装工事をすることで泥はねや雑草を防ぐ事ができるため、道路だけでなく住宅の敷地を舗装することも人気になっています。業者に依頼して舗装工事をする時には、発注から施工までの流れを知っておく事で、スムーズに工事を行う事ができます。舗装工事を依頼するときの流れとしては、まずは業者に相談をして、工事の内容や予算を伝えることから始めます。自治体によっては補助金制度を利用して舗装工事をする事ができるため、業者とよく相談して工事内容を決めましょう。業者は現地の状況や施工方法に合わせて、舗装工事の見積もりを作成してくるため、工事内容に対して費用が適切か検討します。舗装工事の内容と費用に納得できれば契約を結び、施工日時や工程の打ち合わせをします。舗装工事ではブルドーザーで舗装を行う土地を均一にならし、ローラーで転圧をして土地を固めます。舗装を行う土地の転圧が終わったら、砕石を敷き詰めてロードローラーやタイヤローラーを使い転圧します。舗装を行う土地の下地を作ったら、下地とアスファルトの密着性を高めるために、プライムコートを施工します。次にアスファルトを流し、均一にならしてから何段階かに分けて転圧をし固めていきます。アスファルト舗装の工事が終わったら仕上がりを確認し、問題がなければ引き渡しになります。舗装工事は工事が終わっても、メンテナンスや補修などで業者を利用することが多いため、アフターケアの良い業者を選びましょう。